古着買取のコツを調べる


古着買取のコツとしては、買取業者に、その洋服の状態が良いと思わせる事が大切となりますから、アイロンなどを利用し、シワを伸ばしたり、臭いを除去して査定に出すと良いと言われています。シワシワな洋服であるよりも、シワが伸びている洋服の方が、確実に査定額を期待する事ができるとされています。香水の匂いが付いている事で、買取不可となってしまう事もあります。
その他にも、ブランドの洋服の場合には、購入した時の付属品などを残しておくと、査定額を高くつけてもらう事が可能となります。箱に入っていた場合には、箱を残しておくと、高値での売却が可能となりますし、買った時に洋服についていたタグなどのあるだけで数百円程度、査定額が異なります。
毛玉を除去しておくことも非常に大切です。毛玉は毛玉取り器やT字カミソリを利用する事で、簡単に除去する事ができますから、毛玉を取った上で売却を進める様にしましょう。毛玉が付いていると、使い古した印象が出てしまいますから、注意しましょう。
ゴミ袋にまとめて査定に出すよりも、紙袋に入れて査定に出すだけでも、古着買取店の印象は全く違うと言われていますから、売却する場合には、たたんで紙袋に入れて査定に出すようにしましょう。
古着買取が成功しやすいとされている洋服としては、自分自身がその洋服を購入してから、2年から3年以内である物が好ましいとされています。それ以上の年数が経過していると、査定額が非常に低くなってしまう事が多いとされていますから、注意しましょう。