古着買取の査定内容を調べる


古着買取を行う際の基準は、買取業者によって異なりますが、まずは、ブランドをチェックするところから始まります。ブランドだけを買い取っているような買取業者にノーブランドの洋服を持ち込んでしまうと、いくら状態が良くても、新品であっても、返却されてしまう事がありますから、その古着買取店で取り扱いをしている洋服の種類をしっかりと確認してから、査定を依頼する事が大切となります。
対象ブランドであった場合には、その洋服の状態を、買取業者が確認をします。人気が高いブランドであれば、状態が悪くても、引き取り可能としているような場合もありますが、洋服をチェックする事で、シミや汚れ、傷や破れ、ボタンやチャックなどの状態をチェックし、買取をしても、売却をする事が出来るのかどうかを判断される事になります。状態が悪い場合、商品価値が薄くなってしまいますから、それだけ安値での査定額となってしまったり、買い取り不可となってしまう事もあります。
査定額として提示された金額で満足すれば、現金と洋服とを引きかえ、売買成立となります。古着買取店によっては、価格交渉により、若干値をつけてくれるような場合もありますが、その査定額に納得できない場合には、売却を進めないという事を買取店に伝え、洋服を返却してもらう事になります。
宅配サービスを利用する場合であっても、査定額の提示に納得しなければ、預けていた洋服を返送してもらい、売買不成立となります。